食用ほおずき

~食用ほおずきとは?~

食用ほおずきとは上山市山木地区に古くから伝わる伝統野菜の一つです。

鑑賞用と比較するとオレンジ色で、甘みと酸味のバランスがいいです。

食用ほおずきはビタミンAビタミンCカロチンイノシトールが豊富で

特にビタミンAは、トマトの約4倍も多く含まれています。

~取り組み~


高齢化が進み、担い手が不足しているため、食料生産科では、地元農業などと連携して食用ほおずきを地域に普及させる活動を行っています。そこで、食料生産科では栽培して種を取り、苗の生産栽培講習会、苗の販売をするほか、焼ドーナツ、スポンジラスクなど加工食品の開発にも力を入れています。

~研究成果~


食料生産科では今年、食用ほおずきの普及拡大に関する研究成果を発表し

最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞しました。